Spinnfaden 2 - © Erik-Jan Ouwerkerk
『私はたぶん国籍不明だと思う。ヨーロッパにも日本にも属さない。一つの作品のなかでも一部分は調性があり他の部分では無調だったり、最後にはノイズ奏法が入ったり。 この作品は普通の索引では調べられない。」  M.K.
 
 
 

経歴
神戸生まれ の久保摩耶子は幼少からピアノのレッスンを受け、大阪音楽大学ピアノ科を卒業後1972年ウィーンに留学する。ウィーン音楽大学では作曲、電子音楽をピアノの傍ら学ぶが二年のちには作曲に専念するようになる。同時に大学受験資格を取りウィーン大学に入学、作曲科と平行して、音楽学と哲学を専攻。作曲はハウベンシュトック ラマティーニに師事する。

1980年ウィーン音楽大学を卒業後ヘルムート ラッヒェンマンに師事するため、ハノーバーに移住。4年間ハノーバーとシュトットガルトで学ぶ。1985年からベルリンに拠点を移してヨーロッパ中心に作曲活動をする。1990年から4年間イタリアに滞在。1995年以降ベルリンに定住。

1990年代から舞台作品に集中。独自の自由な発想を展開する。そのころから久保にとっては協和音の3度も路面電車のノイズも作曲のマテリアルであった。1996年オーストリア、グラーツで初演された『羅生門』− グラーツ歌劇場とシュタイアーの秋委嘱作品,1998年再演 − はキャリアの最高峰のひとつとも言える。「久保は日本文学とヨーロッパ音楽から得たマテリアルを結びつける技法を確実に駆逐している」フランク ヒルベルグ、西ドイツ放送現代音楽担当。

経歴 ダウンロード(PDF): Vita

 

試聴:『ベルリン日記』

ピアノソロ、池谷順子、1999
CD: CTH 2244
 

 
 
初めてのオペラ
2000年に交響曲第一番をグラーツフィルハルモニー交響楽団で初演。京都市委嘱作品,交響曲第二番『再会』は故郷でのデビュー作品として京都交響楽団で初演。
『羅生門』日本語による日生劇場東京初演(2002)は専門家、観衆の称賛をあび、日本で作曲家として名を広める布石となる。 2005年新国立オペラ劇場委嘱作品『おさん、心中天網島物語より』の初演。テレビ、ラジオ、新聞などで高い評判を得て、日本中の話題となる。

 

 
試聴:オペラ『羅生門』第2幕 第3シーン

グラーツ歌劇場、指揮、シュテファン ラーノ 初演録音、1996
CD edition Ariadne AD 998001

 
 
仕事の続き
2007年以降はアンサンブル ザイテンブリッケとの共演や、2008年に発足させた ヤコブ − ヤング アジアン 室内オーケストラ ベルリン − の芸術監督を務めるなど幅広く活躍中。第3作目のオペラ『クモの糸』初演 (2010) − ベルリンノイケルン区文化局委嘱作品− はベルリンに於いて青少年参加のジュニアオペラとして成功を収める。
2011年はベルリンアジア美術館の協力を得て アジア伝統楽器とヨーロッパ楽器による現代音楽 「フォーカス」シリーズをプロデュース。現在第4作目のオペラ『イザナギ』、 台本:シュテファン ショウマン (Stefan Schomann) を執筆中。

職歴
ジャパンファウンデーション フェロー (1999)、ラインスベルグ音楽アカデミー レジデンス(2000)、ハンザ科学アカデミー フェロー(2002)、ヤドファウンデーション フェロー(2004-07)、ボイヤスコファウンデーション フェロー(2006)
オーストリア、ドイツ、アメリカなど世界各地の音楽大学、文化研究所で現代音楽や作曲についてレクチャーをする。
作品は主な音楽祭で取り上げられ、著名な指揮者、演奏家、コンサートホールから委嘱を受けている。ウィーン音楽祭、     ドナウエッシンゲン現代音楽祭、ウィーンモデルン、ビエンナーレベルリン、ムジクプロトコル、シュツットガルト放送交響楽団、南西ドイツ放送交響楽団、京都市交響楽団、クラングフォールム、東京交響楽団,東京混声合唱団、グラーツ歌劇場,   日生劇場,新国立劇場、指揮者:ぺ-ター エトヴェシュ、シルビアン カンブレラン、ベアト フーラー、
シュテファン ラーノ、井上道義、大勝秀也, 演奏者:ヘルベルト ヘンク、ユング へーネル、マルチン ムーメルター、ハーゲンカルテット、守屋剛志、山田岳、森川栄子 
演出家:リン ワイミン、粟国淳、マリーナ ヘルマン、渡辺和子 
美術家:内倉ひとみ、アレキサンダー クラウト
 

BR, HR, Israel BC, NAR, NHK ORF, RAI1, SRなどラジオで作品の放送。2007/2010年MDR(中央ドイツ放送局)とRBB(ラジオベルリン&ブランデンブルグ)及び(バイエルン放送局)で作品特集番組の放送。日本ではNHKテレビに出演。
130曲以上の楽譜はノイエムジク出版社Verlag Neue Musik、アリアドネ出版社Ariadne Musikverlag、ブライトコプフ出版社Breitkopf & Haertelからそれぞれ出版されている。
全作品表のダウンロード

主な業績〔抜粋〕
1978—79年オーストリア政府文部省秀才奨学金受賞、1979年フランスブルジュインターナショナル電子音楽コンクール入賞、1980年ウィーン市音楽奨励賞交響曲『アラクノイデア』、1980/82年モーツアルテウム作曲コンクール審査員、1980年ISCMイスラエル入賞合唱曲『ヨギ』初演、1982年バレー組曲〔ウィーン音楽祭委嘱作品〕初演、1982年アルバンベルク協会から奨励賞室内オペラ『沈黙』に対して、1984年ISCMグラーツ『BACH-ヴァリエーション』入賞、1984年ニーダーザクセン州作曲奨励賞〔シュライアン滞在〕、1986年『ピアノ協奏曲』〔ドナウエッシンゲン音楽祭委嘱作品〕初演、1986年ベルリン現代音楽協会〔Zeit Musik〕発足、88年まで同会会長、1987年シンポジウム「20世紀のピアノ作品の意義および影響」を企画、開催、1987—89年ベルリンテンペルホフ音楽学校で作曲セミナール、1989年ミュージックシアター作品ベルリン文化庁作曲奨励賞『モンタール3B』に対して、1990年室内楽〔インヴェンション現代音楽祭委嘱作品〕初演、1988—89年ベルリンウエディングシアターの音楽監督、1991年ピアノ組曲『ベルリン日記』〔ベルリンビエンナーレ音楽祭〕初演、1992年室内楽〔ザールブリュッケン 20世紀の音楽祭〕委嘱、1992年オスナブリュック クラングアート祭委嘱舞踏作品『十二単』、1992年ラジオテープ作品〔SFB,HR共同委嘱作品〕放送、1994年シンポジウム「音楽の環境への影響」をローマで企画開催。1994年オーストリア文部省作曲奨励賞『エルンスト ヘルベック詩作品』に対して、1995年クラングフォールム 10周年記念委嘱作品室内オーケストラ『いまこそは』、1996年グラーツ歌劇場とシュタイアーの秋共同委嘱作品『羅生門』初演〔1996年再演〕、ムジクプロトコル委嘱作品室内オーケストラ『Yasuko-黒い雨から』、ウィーン モデルンで再演、1998
00年ウィーン、ベルリン、ケルン、ハンブルグ、レーダヴィーデンブリュックなど各地で作品の個展演奏会、1999年日本国際交流基金のフェロー、四ヶ月京都芸術大学客員研究員、2000年グラーツフィルハルモニー五〇周年記念演奏会にて『交響曲第一番』初演、2000年京都市委嘱作品『交響曲第二番再会』初演、2000年ベルリン青少年室内アンサンブルの日本公演企画、訪問、丹波の秋、神戸などで演奏。2001年ラインスベルグミュージックアカデミー招待作曲家、2001年イギリス滞在、2002年ハンザ科学コレ―グのフェロー、2002年ラインスベルグミュージックアカデミー委嘱舞台作品『ヒペリオンの断章』初演、2002年オペラ『羅生門』日本語改訂版、日本初演。2004年ベルリン文化庁よりパリ、コンポーザーアトリエに6ヶ月招待。2006年ボイヤスコファウンデーションのフェロー。 2007年東京混声合唱団委嘱作品『焼け野』東京で初演。2009年1月ベルリンにてYACOB 創立記念音楽会。2010年ベルリン文化庁教育文化ファウンド助成プロダクション、オペラ『クモの糸』の初演、2011年「フォーカス」アジア伝統楽器と含む現代音楽シリーズをプロデュース。

 

試聴:インタヴュー 『やすこ− 黒い雨から』について

中部ドイツ放送、シルケ マントイフェル編集、
2008

 
 
ヴィデオ:インタヴュー『毎日作曲』
ヴィデオ制作 ベッティーナ クンチュ、GEDOK 2010
 

試聴:ブランデンブルグ門のための小コンチェルト2番

指揮:角田鋼亮, 2008 
録音:Edition YACOB