イベント

03.01.2023 , 20:00 Uhr

Nachstaub

Unerhoerte Musik
ベルリン メーリングダム43番地 10961ベルリン

人生の旅 作曲の旅

久保摩耶子は休みを知らない活動体である。彼女は、新しい課題に積極的に反応し、冷静な観察分析ののち、周到な計算で見事に料理してしまう。また変化に富んだ彼女の人生も、作品にふくよかさと彩りを与えている。

1972年のウィーン留学以来、ドイツ語圏で暮らして来た彼女は、1990年、突然、イタリアに居を移す。新しい土地の影響であろうか、3度の使用を受け入れ、すんなり日常生活のノイズも取り入れるようになる。繊細な白黒作品が色とりどりの音響世界に移行していった。

1995年、オペラを書くために、再びベルリンに戻ってきた彼女は、伝統、前衛のあるべき姿もすべて踏まえた上で、敢えてオペラ作りに真正面から挑み、新作をつぎつぎ生み出している。 フランク·ヒルベルグ (Frank Hilberg)

『ドイツ語を話している時間の方が長くなってしまった人生だが、よけいに日本文化に強い興味を覚える。」
人生の旅 作曲の旅

近況報告

ナイトダスト

声楽の作曲とは対照的に、弦楽四重奏の作曲は孤独で忍耐強い作業です。テキストがなければ、作曲も終わりがないのと同様。2016年夏、オットナング, ザルツブルグの近く、にあるトーマス・ベルンハルト・ハウスのアーティスト・イン・レジデンスに参加しました。そこで弦楽四重奏の作曲を始める予定でした。小さな森の中にある農家の大きな屋根裏部屋がアトリエです。毎晩、何千もの星を見、塵が落ちる音を聴きました。それが弦楽四… Read More

Mehr erfahren
Foto: Eick-Jan Ouwerkerk

強い女性たち

ベルリン・ウィメンズ・ボーカル・アンサンブルの8人の力強い女性たちを紹介します。私が作曲したトーマス・ベルンハルトの詩篇… Read More

Mehr erfahren

会話コンサートは重要

現代音楽は理解者が少ないようです。クラシック音楽を聴いている人は、なぜ無調子の音楽を作曲するのか、なぜノイズを使うのか、… Read More

Mehr erfahren

広がるオクタトニック

若い人たちがやっとオクタトニックを発見したようです。そして、それを使って作曲もしました。ウィキペディアの説明によると、オ… Read More

Mehr erfahren