人生の旅 作曲の旅

久保摩耶子は休みを知らない活動体である。彼女は、新しい課題に積極的に反応し、冷静な観察分析ののち、周到な計算で見事に料理してしまう。また変化に富んだ彼女の人生も、作品にふくよかさと彩りを与えている。

1972年のウィーン留学以来、ドイツ語圏で暮らして来た彼女は、1990年、突然、イタリアに居を移す。新しい土地の影響であろうか、3度の使用を受け入れ、すんなり日常生活のノイズも取り入れるようになる。繊細な白黒作品が色とりどりの音響世界に移行していった。

1995年、オペラを書くために、再びベルリンに戻ってきた彼女は、伝統、前衛のあるべき姿もすべて踏まえた上で、敢えてオペラ作りに真正面から挑み、新作をつぎつぎ生み出している。 フランク·ヒルベルグ (Frank Hilberg)

『ドイツ語を話している時間の方が長くなってしまった人生だが、よけいに日本文化に強い興味を覚える。」
人生の旅 作曲の旅

近況報告

Pianist: Masako Ohta (Foto: Eva-Marlene Etzel/Thanks, Universe!)

今も余震が続きます

東日本大震災の被災者のために書いた「三陸の歌」は松平盟子さんの短歌に曲をつけました。そのあとドイツ緑の党のアグネス・クルムヴィーデ氏の委嘱作品「余震」を書きました。ピアノ曲ですが最後にピアニストが松平盟子さんの短歌一句を読みます。 「青天はどこまで強いか余震して、ひびの入りたる天を見上げる」 今でもこの句を読むと緊張してしまいます。… Read More

Mehr erfahren
Foto: Bahnhof Siemensstadt | Quelle: Alexrk2, CC BY-SA 3.0 , via Wikimedia Commons

シーメンススタットとジョン・ラーベ

ジョン・ラーベの生涯とシーメンスグループの台頭との関係は?「John Rabe – Endstation Siemensstadt」がZitadelle Spand… Read More

Mehr erfahren
Foto: Michael Jungblut

コオロギと蝶々のために

コロナの影響で入場制限があるためコンサートは野外で行われることが増えました。私たちのグループのマーケット広場でのコンサー… Read More

Mehr erfahren
Foto: Patrick Schmidt

マーケットプレイスの現代音楽 II

Market-Musicの第2回目のコンサートでは、私が作曲したソプラノとヴィオロンチェロのための「Herbst Frau」が演奏されます。曲数… Read More

Mehr erfahren