人生の旅 作曲の旅

久保摩耶子は休みを知らない活動体である。彼女は、新しい課題に積極的に反応し、冷静な観察分析ののち、周到な計算で見事に料理してしまう。また変化に富んだ彼女の人生も、作品にふくよかさと彩りを与えている。

1972年のウィーン留学以来、ドイツ語圏で暮らして来た彼女は、1990年、突然、イタリアに居を移す。新しい土地の影響であろうか、3度の使用を受け入れ、すんなり日常生活のノイズも取り入れるようになる。繊細な白黒作品が色とりどりの音響世界に移行していった。

1995年、オペラを書くために、再びベルリンに戻ってきた彼女は、伝統、前衛のあるべき姿もすべて踏まえた上で、敢えてオペラ作りに真正面から挑み、新作をつぎつぎ生み出している。 フランク·ヒルベルグ (Frank Hilberg)

『ドイツ語を話している時間の方が長くなってしまった人生だが、よけいに日本文化に強い興味を覚える。」
人生の旅 作曲の旅

近況報告

Foto: Gaby Bultmann

春祭りのコンサート

やっと桜の季節がやってきました。長い冬にはいつも辟易させられます。 でも今年の春は格別に美しく感じられます。マスクなしで顔を見る、握手する、そんな当たり前のことが2年間も禁止されていたなんて、想像を絶することです。春祭りのコンサートで小品が演奏されます。… Read More

Mehr erfahren

後藤真起子さん

人との出会いは瞬間に始まり、また瞬間終わってしまうことがあります。後藤真起子さんの琴の演奏を聴いて非常に感銘して、一つ作… Read More

Mehr erfahren
Foto: Katrin Talbot

作曲家の無力

作曲家に一体何ができるのだろうか。音楽で慰められるとか音楽で力を得るなどとはまるで絵に描いた餅にそっくり。ウクライナのニ… Read More

Mehr erfahren
Ensemble Wiener Collage

ウィーンは今でも私の故郷

ウィーンは今でも私の第二の故郷です。ウィーンにいると自分の町のようにくつろげます。狭い路地にソーセージの屋台が並び、まる… Read More

Mehr erfahren