Anna Korondi, Foto: Baris Cihan

大都市のキツネ

ベルリンでも時々キツネを見かけます。フサフサの尻尾をなびかせています。ベルリン在住の若い詩人、ジンケ・ケーラーさんによる詩人の目で観察したキツネのための美しい詩があります。私は「子ぎつねコンコン山の中」ではなく、「子ぎつねコンコン街の中」を思い浮かべました。ピアノパートのパッセージがビュンビュンとベルリンの街中を飛び、ケーラーさんの詩からキツネが出てくる歌曲を書きました。

記事をその外の

アルスルルスラは誰でしょう?